2013年1月アーカイブ

ビーグレンを使ってみたい

ビーグレンは、通信販売でしか売ってない基礎化粧品のブランドなのですが、効果が高いという評判なので、興味があります。

最大の特徴は、医薬品に使っているのと同じ有効成分を浸透させる技術を使っている事で、

なんでもビーグレンの設立者の一人が医薬品を患部に浸透させる技術の世界的な権威の一人で、その技術を使ってるんだそうです。

少量で効果が高く、使用感も良い、という話を聞くのも、そのせいなんだ、と、納得しました。


 化粧品の種類も少なく、洗顔からボディ・ケアまで入れても13種類しかなく、それの組み合わせで全ての肌悩みに対応する、

というのも魅力です。普通のブランドでは種類が多すぎるし悩み別にラインが全部わかれていて、

美白なら美白、アンチエイジングならアンチエイジングですべてそろえなければならない感じなので、

いろんな悩みがある私の様な人には混乱するばかりだったからです。

でも、ビーグレンのシステムなら、一つのもので多くの悩みに対応できそうなので、使いこなせそうな気がします。

それに悩み別にトライアルセットがあるので、いくつかトライアルセットを試してみてから、実際に長く使うものを自分で組み合わせる事もできそうです。


 ただ、最大の問題は価格が高い事で、テレビなんかで大々的に宣伝している化粧品ではないのにこんなに高いのは、

それだけ商品に自信があっての事なのでしょうが、主婦としては、どこから費用を捻出しようか、悩ましいところです。"

若い肌で日焼けを気にしなかったころ、小麦色の肌に憧れ、オイルをつけて同世代の友達と同じように海へ泳ぎに行った時はよく焼いていました。

なんてバカな恐ろしいことしていたのだろうと今は後悔の日々です。色が白い私は焼いても赤くなり皮がむけて元に戻っていました。

近頃は皮膚のダメージや再生能力、メラニン色素がなぜ出来てシミが定着するのかそのリズムが医学的にも解明されてその結果の恐ろしさがもう周知の事実となっています。


紫外線によってできるシミが美容としての弊害のみならず、皮膚がんや炎症など多くのトラブルが病気を作る原因となっていることを知ることとなりました。

紫外線のメカニズム、その種類の及ぼすシステムは中年以降特にその結果が現れてきます。

シワ、シミなど気にしなかった私も一度出来たシミからエイジングケアを気にするようになったのです。

少しでもシミを薄く白くするものはないかといろいろ調べてプラセンタがその効果にいいとネットやクチコミによって良いプラセンタエキス、

オイルなどを探しました。

エステや美容外科などの利用も考えましたが、いろいろなリスクや金額の心配もあり、皮膚科などの診療に加え、

結局エステサロンの卸問屋で安く良いものを手に入れることができました。

出来たシミはもうきれいには取れそうもありませんが、オイルマッサージなどで新陳代謝を促し活性化させて少しでも老化に抵抗しているこの頃です。

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2013年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年3月です。

次のアーカイブは2013年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ